MENU

病院との並行受診 | 相模原市中央区のはな整骨院

相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区

相模原市中央区のはな整骨院は交通事故治療の後遺症を専門に治療している整骨院です。

 

交通事故の後遺症には、有名なむちうち症やダッシュボード損傷・ハンドル損傷後のいろいろな症状があります。

 

病院の整形外科などで骨折や打撲の治療が終わった後に痛みなどの後遺症が続くのは、骨格のずれや歪みが大きく関連しています。

 

骨格のずれというのは、急停車や追突などで大きな衝撃を受けた時に頚椎や腰椎、骨盤などが大きくしなって骨格の位置が動いてしまうものです。

 

こうなると、筋肉や靭帯も損傷するので怪我が治った後にも捻挫のように腰痛や首の痛みが続きます。これがむちうちの腰痛や首の痛みで、正式には頚椎捻挫や外傷性頚椎症候群という傷病です。

 

また骨格のずれは、痛み以外にも深刻な症状をもたらします。ずれた骨格が神経を圧迫することでしびれが出たり、さらに圧迫がひどいと自律神経の機能低下に至り耳鳴りや頭痛、吐気といった一見交通事故の怪我とは関係に気づきにくい症状が出ることもあり要注意です。自律神経症状の出るタイプは、むちうちの中てせもバレ・リュー症候群と呼ばれています。

 

相模原市中央区の交通事故専門はな整骨院には、病院の整形外科などから転院したり並行受診をされる患者様が多いのが特徴です。それは、整形外科など病院では完全に治らない交通事故の後遺症をはな整骨院では根本治療しているからです。

 

病院の整形外科ではレントゲン検査が中心ですが、むちうちやダッシュボード損傷・ハンドル損傷の後遺症を起こしている骨格のずれや歪み、神経の圧迫などはレントゲンでは認めることができません。そのため、最初の外傷が治癒していれば異常なしという診断となり湿布などが処方されます。その結果、長い間病院に通ったけれど腰痛などが治らないという患者様がはな整骨院に並行受診されています。

 

相模原市のはな整骨院の交通事故治療は、骨格のずれや歪みを矯正して体をまっすぐにする治療がベースです。そのため施術が終わったら症状がぶり返すというとがありません。はな整骨院では、並行受診の患者様には病院の湿布なども組み合わせて効果的な施術をしています。

交通事故治療、その他の相談などの問い合わせはこちらから

相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


交通事故によるトラブル・ご相談なら法律のプロである交通事故専門弁護士におまかせ!
相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区


相模原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,中央区